• 私たちの想い

    ユアーズ・バリューは命の源となる食を支える、という確固たるポリシーを持ち、社員一丸となって「本物の食を届ける」ことに誇りをもって働いています。ハレの日の食から日常の食まで、地域の皆様の食は私たちがお届けしているという喜びを持ち、一人一人が主体的に働ける職場、それがユアーズ・バリューです。

    新しい年を迎える準備で忙しくなる年末、ユアーズ・バリューには年末商品がずらりと並びます。おせちや歳末商品はもちろんのこと、刺し盛り、握り寿司、鮮魚、精肉。数千円の商品がバタバタと売れていきます。お酒、ワイン、果物、「お正月だからちょっといいものを」と離れた家族を迎える準備、ごちそうの準備にユアーズ・バリューを訪れてくださる皆様で店内は賑やかです。そんな「ハレの日」に選んでいただける事を誇りに思いながら、この日の為に、各売り場担当バイヤーは全国を駆け巡ります。

    私達ユアーズ・バリューは「生鮮食品専門大店」を掲げ、人間力で商品価値を伝える地域スーパーです。山口県防府市から日本の食文化を支えるオンリーワン企業を目指しています。私たちは常に「本物」を追求し、当社にかかわるすべての人に「感動」を送り続ける企業でありたいと願っています。

    専門的スキルをすぐに生かせる職場です。

    「管理栄養士が考えたシリーズ」はユアーズ・バリューのお惣菜でも人気のシリーズです。女性のランチにちょうどよい、少し少な目のごはんは女性にうれしい雑穀米や野菜中心のローカロリーのランチBOXは見た目もカラフル。お夕飯にぴったりなお惣菜は、時間がなくてなかなか作れない手の込んだ洋風煮込み料理や子供たちが大好きなオムライスなどを見た目も味にもこだわって作ります。




    お客様第一!力を合わせてチャレンジしていきます。

    「右田店 店長、三山です。地域のお客様の食を守り、「ユアーズ・バリューがあって良かった」と愛される店にしたいと考えています。そのためには、「お客様に感動」していただける取組を追求し、笑顔をいただくことが大切。笑顔を頂いた数だけ店は愛され、強くなると考え、日々、励んでいます。」

     

    右田店はチームワークを一番大切にしています。部門の壁がない、店が一丸となった店作りや企画を行っています。


    自分という無限の可能性を最大限に発揮できる仕事です。

    「精肉部門 バイヤー 佐藤です。決められたレールを歩いていくのではなく、ルールを守りながら、食を通じて人と触れ合いながら、会社と一緒に道を切り開いていける仕事です。
    自分次第でいくらでも変われる、良い意味で自由にできる、やりがいのある仕事だと思っています。」

     



    常に自分の志を高く

    「惣菜・寿司部門バイヤー 石丸です。常に自分の志を高く、挑戦する気持ちを忘れないでほしいです。 過去と他人は変えられない。変えることができるのは未来と自分だけです。」





    色んな仕事ができて楽しい毎日です。

    「仁井令店 惣菜部門 管理栄養士の岡本です。 管理栄養士としての仕事をしたいと思った時に、病院や 給食センター以外の選択肢として何かないか・・・と思っていた時にユアーズ・バリューに出会いました。 入社して一ヶ月で提案が採用され、やる気がありコンセプトに沿ったことならなんでもさせてくれます。 健康づくりを、スーパーという身近な場所からサポートできる喜びを感じています。」

    岡本さんが作った「カルシウム弁当」は2017年スーパーマーケットトレードショーのお惣菜・お弁当大賞のヘルシー部門で優秀賞を受賞しました。

    お客様からの「ありがとう」

    「レジ部門、西岡です。レジは一番多くのお客様と接する仕事なので、一人でも多くのお客様から「ありがとう、がんばってね!」と言われる事が一番のやりがいです。笑顔を忘れずに、1日1日を取り組んでいます!」

     

    西岡さんはレジ内での仕事だけに限らず、社内勉強会や県外出張で食品知識やPOPの作り方など勉強しています。


    新人でも「挑戦」できる。

    「青果部門 片田です。広島の学校を卒業して入社、まだまだ新人ですが、市場に連れて行っていただき、競りや入荷商品の選び方を実際に体験しました。『失敗を怖がらず思い切りやろう!失敗しないと大きくなれない』と背中を押され、新人でも仕事を任せてもらえて挑戦でき、やりがいを感じています。」